半田国際交流協会
Handa International Association


ホーム
上へ 

半田国際交流協会 

2020年度挨拶 会長 松石奉之

「大変な時こそ思いやりを」

半田国際交流協会 会長 松石奉之

新型コロナウイルス感染症によりお亡くなりになった方々にお悔やみを申し上げると共に、医療に従事されている方々に敬意と感謝を申し上げます。この感染症が社会生活に与えた影響は計り知れないものとなり、人々の生命と社会経済を危険な状況に陥れています。雇用にも大きな影響を与え、職を失い生活に困窮する方々も増えてまいりました。特に在住外国人の方の中には、今日の衣食住に事欠く方々もいらっしゃる状況です。半田国際交流協会の事業である在住外国人の皆様へ向けた日本語教室も、休講状態が続いております。

半田市の3つの姉妹都市の内、オーストラリア ポートマッコーリーでは大規模森林火災により、多くの住民が家を追われ、コアラやカンガルーも大きな被害を受けました。また、アメリカ ミッドランドでは、湖とダムの氾濫により11,000人もの人々が避難を余儀なくされました。

 世界を震撼させる感染症や災害の時こそ、人の優しさ、他人を思いやる気持ちが大切なのだと感じます。

 半田国際交流協会は本年度、大きな変革を遂げようとしておりました。しかし改革は感染症の拡大により、更に踏み込んだものとしなければなりません。予想のつかない明日に向かい、柔軟かつ機敏に対応していくことが求められるでしょう。どうぞ市民の皆様におかれましては、今後とも変わりゆく半田国際交流協会へのご支援とご協力をお願い申し上げます。
 


質問、コメントはこちらまで、お寄せください。(ホームページ管理者)